診療案内

少しでも長く、健康なお口を保つために

治療方針

1.安心と納得のための十分なカウンセリング・診察

1.安心と納得のための十分なカウンセリング・診察

まずは患者様ご自身に現状・症状の原因を知っていただくこと。当院の治療はそこからすべてが始まります。口腔内カメラで口内の様子を実際に見ていただきながら、どういったことが起きているのか、どういう処置が必要になるかをご説明し、その上で治療に入ります。

2.患者様のご希望に沿った治療を提案

2.患者様のご希望に沿った治療を提案

歯学は日進月歩です。古くからある基本的な治療から、ここ数年で盛んになってきた治療まで、患者様の選択肢は増える一方です。
しかしそれぞれの治療法にはメリットとデメリットがあり、治療費も一律ではありません。
歯学が進歩しているのに、歯科医が提案できる治療法がずっと変わらないということはあってはなりません。
考え得る治療法の中から、患者様のご希望に沿った治療法を見つけ出す。
これも歯科医の大切な仕事です。まずは費用面も含めて、遠慮なくご希望を仰ってください。

3.痛みの少ない治療

3.痛みの少ない治療

削る、という方法ひとつとっても、痛みは歯科医によって変わります。正確な技術があれば、削る深さや範囲も少なくて済みます。
また当院では、麻酔 を注射する前に表面麻酔を塗布して痛みを抑える、電動麻酔器を使用するなど、すべての治療において「痛みの少ない治療」を心掛けております。歯を削ったり歯肉に注 射をしたりするわけですから、「全く痛みなく」というわけにはいきませんが、少しでも患者様の負担を和らげ、リラックスしていただけるよう努めておりま す。

4.「あそこなら行ってもいい」と思われる歯科医院

4.「あそこなら行ってもいい」と思われる歯科医院

予防治療の意識が近年になって高まっているとはいえ、まだまだ歯科医院は「痛くなってから行くところ」。
中には「痛くなっても行きたくない」と我慢する方もいらっしゃるでしょう。
十分なカウンセリングと治療の説明、多くの選択肢と確かな技術、リラックスできる院内の雰囲気、スタッフの細やかな対応――これらはすべて、患者様の「安心」につながると私たちは信じています。いざというときに「歯医者は嫌だけど、あそこなら行ってもいいかな」、そう思っていただき、通う度に信頼を得られる歯科医院、定期検診を頼まれる歯科医院を目指しています。

5.10年後、20年後を見すえた治療計画

5.10年後、20年後を見すえた治療計画

むし歯の痛みを取り除くのは、歯科医師の最低限の治療です。粗く削ったことでかえってプラークが溜まりやすくなり、治療の1年後にまたむし歯や歯周病になってしまうのであれば本末転倒です。
当院では、「この治療のあと患者様のお口はどうなるか」というところまで考えて、1本の歯を削ります。噛み合わせや歯並びなど、できるだけ早く改善しておくことで、将来的なリスクを削減できる場合が多々あります。
10年後、20年後にもこの治療は効果を発揮し続けているか――私たちはそれを意識しながらあらゆる治療に当たります。

初めての方へ―初診から治療までの流れ―

  • 1電話予約

    まずはお電話にてご予約ください。TEL:072-757-4182

    WEB予約の方はこちら

  • 2来院、問診票の記入

    ご来院の際には、保険証・医療証、ハンカチをお持ちください。待合室で問診票に記入していただきます。

  • 3診察

    初診の際にはまず詳しくお話しを伺い、歯や歯周組織の検査を行い、必要に応じてレントゲン撮影も行います。
    ※激しい痛みや腫れがある場合は、すぐに治療に入ることもあります。

  • 4治療

    ご希望に沿って治療計画をたて、患者様に納得していただいた上で、治療に入ります。

ご予約・お問い合わせは
お気軽に

pagetop