親知らずの抜歯についてお考えになったことはありませんか。

歯医者さんで、一度は勧められたことがある方も多いのではないでしょうか。親知らずとは、前歯から数えて8番目に生える歯のことです。現代人の多くの方は、顎が小さく、親知らずが生える十分なスペースがありません。親知らずは、必ずしも抜歯する必要がある訳ではありませんが、親知らずが周りの歯や周辺の歯肉に悪い影響を与えている場合には、抜歯をお勧めしています。

もちろん、まっすぐ生えている、または埋まっている場合などは問題ありません。上下そろって生えていて、お互いが正しく噛み合っているかも重要です。噛み合う相手がいなければ、歯はどんどん伸びて、歯肉を傷つけるおそれがあります。噛み合う力のバランスが悪いと、一部の歯や顎の筋肉に負担が掛かり、顎関節症などを引き起こすおそれがあります。

また、横に向いて生えていれば隣の歯を圧迫してしまいます。周囲を傷つけて炎症を起こすことがあるほか、横の歯を押しているので歯並びを悪化させてしまうこともあります。これらのうち、どれかの症状に当てはまる場合は、兵庫県川西市の当院にご相談ください。

ご自身で状態が分からないことも多いと思いますので、ぜひ一度、親知らずのチェックにご来院ください。

浜田歯科医院