歯を失った場合に、入れ歯にするかインプラントにするかお悩みになる方も多いのではないでしょうか。

入れ歯の方がなじみがあるという患者様もいますが、どちらも機能性、審美性を補う治療法で、それぞれに特徴があります。たまに聞かれるのが、入れ歯(義歯)が進化したものがインプラント、という訳ではありません。患者様の症状や生活スタイルに合わせて選ぶべきものです。

今回はインプラントについて、お話します。

インプラント治療とは、歯を失った箇所にボルト状の人工歯根を埋めて、そこに人工の歯を固定する方法です。特徴としては、入れ歯のように取り外しての洗浄や手入れが不必要なことが挙げられます。また見た目も美しく、審美性に優れています。強く噛んでも違和感がなく、食事の面でも歯磨きにおいても、日常生活で自分の歯と同じように使えるのもメリットです。

ただしインプラント治療では、定期的に通院し使用経過状況をチェックする必要があるため、アフターケアが重要になってきます。自然の歯に劣らないとは言え、あくまで「人工物」です。歯科医による定期的なメインテナンスが、インプラントを長持ちさせる秘訣でもあります。

顎の骨の量や質によっては、インプラントを行うことが難しいケースもありますので、インプラントに関心がある方は、まず兵庫県川西市の当院へご相談ください。

浜田歯科医院