定期的な歯科検診を続けていますでしょうか?

治療の一つ前の段階、「予防歯科」で虫歯や歯周病を防げるに越したことはありません。近年、予防歯科の重要性が広まってきているとは言え、定期的に検診を受けている人は10%以下と言われています。

つまり痛くなって症状がひどくなってから行く、という方がほとんどということです。

治療によって痛みはなくなり元の状態に近くはなりますが、歯を削ったことで二次元的な虫歯のリスクが高まり、噛み合わせの不都合にもつながります。歯周病でも、一度溶けてしまった顎の骨が戻ってくることはありません。

一度、削った歯は元には戻りません。ご自身の自然の歯を健康に保つためにも、定期的な歯科検診をお勧めしています。

もし虫歯になっても初期段階で発見できれば、当然、削る範囲を狭く浅くすることが可能です。治療に伴う痛みも少なくすみます。

また、定期健診では噛み合わせのチェックも行っています。噛み方の癖や歯の欠損などにより、歯は動き噛み合わせも少しずつ変化しているのです。

バランスが崩れると、噛み合わせに大きな影響を与えたり、負担が掛かる歯が偏ったりします。バランスの良い口内環境を保つためには、歯を削り被せものをすることもありますので、しっかり検診致します。

予防歯科なら、兵庫県川西市の当院にお任せください。

浜田歯科医院