豊中市周辺で、失ってしまった歯を入れたい方はぜひ当院へご相談ください。

事故や虫歯、歯周病などの理由で失った歯をおぎなうには、主にブリッジ、義歯、インプラントの3つの方法があります。誤解されがちなのですが、歯を抜いた後に差し歯はつけられません。差し歯は歯の根っこが残っている状態で、それに被せる形でつけるものです。

ブリッジは、失った歯の両脇にある歯を利用して失った歯を復元します。ただし、両隣にある健康な歯を削る必要がありますが、義歯よりも違和感は少ないものです。

義歯とはいわゆる入れ歯です。失った歯の隣の歯にバネをかけるため、両隣の歯に負担がかかります。ブリッジは着脱式でないため、歯間ブラシやフロスを使わないと不衛生になりがちですが、義歯は着脱式で清掃は行いやすいものです。人工物をお口の中に入れるので慣れるまでは違和感があります。

インプラントとは、失った歯の代わりに人工歯根を埋めて、その上から人工の歯を被せて固定する治療です。インプラントは、ブリッジや義歯のデメリットをクリアできる治療ですが、保険外の治療で費用が高額になります。また、人工歯根が安定するまで、ある程度の期間が必要なため、時間がかかるというデメリットがあります。

当院では、患者様に最適な治療をご提案するために、一人ひとりにじっくりカウンセリングをさせていただいております。失った歯にお悩みでしたらぜひ一度ご来院ください。

浜田歯科医院