歯科の治療においてよく行われている「削る」ということは、歯の一部がなくなることであり、「詰める」ということは、口の中に人工物を入れることです。
その治療が、どういった状況を迎えるかまで考えたうえで治療はしなければいけないと、当院は考えています。

当院は、その場限りの治療ではなく、10年後20年後までみすえた治療を心がけております。
十分なカウンセリングを行い、どんな治療が必要なのか、なぜその治療が必要なのか、その治療を行うとどうなるのか、きちんとお話をさせていただいたうえで治療に当たります。

歯の痛みやホワイトニング、インプラント等お口に関することで少しでもご不安があるようでしたら、宝塚市、箕面市方面からも多くのご利用がある当院へ、お気軽にご相談ください。

浜田歯科医院