当院では口内炎や顎関節症、親知らずの抜歯なども幅広く対応して治療していきます。

親知らずは昔と違い、正しく生えてこれるだけのスペースがないため、隣の歯を圧迫し歯肉を傷つけたり、横向きに生えてきてしまったりなどしている場合がありますが、正しく噛み合わせやまっすぐに生えているか埋まっているのであれば、抜かずに経過観察をしていくこともあります。

顎関節症の場合は、関節に問題があることもありますが、関節周辺の筋肉の凝りが原因ということもあるため、マウスピースで筋肉を伸ばしていったり、筋肉へ麻酔を打ちリラックスさせるという処置を行ったりします。

また痛みはなくても噛み合わせが悪いと、お口の中の健康を保つことができなくなるので、川西市や宝塚市方面の方で気になるようでしたら気軽にご相談ください。

浜田歯科医院